鼻にニキビができる原因を考える

大人ニキビの中でも鼻ニキビは、気になってしまうニキビの一つです鼻にできると、つい気になっていじってしまいます。


また膨らんだニキビでないにしても、毛穴が詰まると汚れているようにぽつぽつと毛穴が目立ってきます。


それを気にして、また触ってしまうということになります。手で触ってしまうと、手に付着したばい菌が鼻についてしまい、ニキビをさらに悪化させてしまう可能性があります。


そして雑菌の繁殖を促し、炎症を起こしてしまうこがあります。また手で触ることで、ニキビに圧力がかかってしまい、結果クレーター化することもあります。鼻ニキビ予防には、しっかりと皮脂を取ることが一番です。洗顔料を選ぶ場合は、洗浄力のある洗顔料を選んで、ニキビの原因菌を残さず落とすようにしましょう睡眠不足は、肌荒れの主な原。

気持ち良い良質な睡眠をとることでストレスフリーやホルモンのバランスを整える効果があります。睡眠は心と体のトラブルを修復してくれるのです。しかし睡眠不足になると、体は肌の修復まで行うことができず肌荒れを起こしてしまいます。

こんな時のニキビはだいたい小鼻の横や下など、鼻の周囲に多く見られるようです。夜更かしやストレスで大人ニキビができる人は、この状況になっていることが多いかもしれません。夜更かしは、肌のターンオーバーのリズムを崩し、肌トラブルを引き起こします常にきれいな肌でいるために、良い睡眠をしっかりととるようにしましょう。よくお菓子やチョコレートを食べすぎるとニキビができると耳にするかもしれません。これは本当なのかと疑問に思ったことはありませんか?。じつは実際にニキビの原因の一つであることは確かなようです

 

鼻,ニキビ,原因

 

ニキビの原因になる食べ物として挙げられるのは、脂質や糖質が多い食べ物です。そしてその代表的なお菓子は、ドーナツやチョコレートです。しかし糖質や脂質を全く摂らずに生きることはできません。私たちが生きていく上で欠かせない栄養素だからです。ですが過剰に摂取してしまうと、消費したエネルギー以上に糖質や脂質が溜まってしまい、それらが皮脂となって大量に分泌され、ニキビの原因となります。


要するにお菓子やチョコレートを、一切食べてはいけないというわけではありませんのでご安心ください。ただ食べ過ぎには注意しましょう。因の一つと言われています。肌荒れの代表的なものがニキビ等の吹き出物になります。特に鼻は睡眠不足がすぐに肌トラブルとして表れる場所になります。


良い休息をとることと、寝ることは違います。

 

鼻にできたニキビの原因を追求した治療方法

鼻ニキビができてしまったら、とにかく丁寧なスキンケアをすることが大切です。


丁寧なスキンケアは鼻ニキビの改善だけでなくニキビの予防にも役立ちます。つい触ってつぶしてしまうことのないように。

わざとつぶすつもりはなくても、つい鼻をこすってしまう、花粉症や鼻炎で鼻をかむことが多いという人も、無意識につぶしてしまうことがあるので注意しましょう。

予防法としては、肌への刺激が少ない石けんやローションなどを選び、洗顔の際には指で皮膚をこすらず泡を転がすようにします。


泡で皮膚を洗うというイメージで洗うようにしましょう


強い刺激は皮膚を傷つけたり今あるニキビを悪化させる原因になりますので注意が必要です。また、ニキビができていると化粧水や乳液をつけたくないという人もいるかもしれませんが、ニキビには保湿も大切ですので薬用や無添加、ニキビ肌専用などの比較的さっぱりとしたテクスチュアのものを選び、しっかりと保湿をしてあげることも大切です。正しい方法で洗顔することが大切です。


手で頬を刺激せず、こすらず優しく洗いましょう。タオルで水気を拭き取る時も同様でこするのは厳禁です。優しく押しつけるように拭き取りましょう。また一人一人、肌質は異なりますので、自分に合った洗顔料を使うようにしてください。しかし自分に合った洗顔料を使っていても、洗いすぎは禁物ですし、洗い方は先述のように、優しく行うようにしましょう。


肌が本来持つ、必要な油分を取り除いてしまうと皮脂の過剰分泌に繋がりますので、朝と夜就寝前に行えば十分ですバランスの良い食事、1日7時間以上の質の良い睡眠を確保しましょう、また質の良い睡眠のため寝る直前までパソコンや携帯を使うなどという、脳を刺激する行為は控えましょう。食事は野菜中心のバランスの良いものにして、余分な糖質や脂質を摂らないようにしてください。こうした生活習慣の改善は鼻や頬のニキビにも十分に効果があります

 

鼻,ニキビ,原因

 

鼻のニキビは毛穴の皮脂分泌が多くなることでできやすくなります。鼻は他の部分と比べて毛穴が大きくなりやすく、ニキビが頻繁にできてしまう部分です。


間違ったケアをしているとさらにニキビができやすくなってしまいますので、 正しいケアをして根本から治すようにしましょう


毛穴の皮脂分泌の対策をして鼻のニキビを防ぐなら 医学的根拠に基づいたメディカルエステがおすすめです。メディカルエステは鼻の毛穴の皮脂分泌を抑制し、正常なターンオーバーにすることで ニキビを改善していくことが期待できます。医師が携わっていることで一般的なエステサロンでは取り扱わないような 最先端の治療を行ってもらうことができます。

 

鼻のニキビはとにかくできないように予防をすることです

ふいに出来た鼻のニキビ、顔の中心にあり隠す事が出来ず、憂鬱な気分になってしまう大きな原因の一つです。顔の中で一番目立つ鼻は、一番ニキビが出来て困る場所さらに厄介な事に、鼻はニキビの出来やすい所でもあり、他の部位に比べてニキビが再発もしやすい所でもあるのです。


ニキビを早く治すには専用の薬を使うのが一番と、過去記事で紹介していますが、(ニキビの症状ごとに最も効果が高いニキビの薬5つ)特に鼻は皮脂の分泌が活発な部分なので、清潔にする事が大切であり、悪化や再発を防ぐには、しっかりとしたスキンケアが必須です!中途半端な洗浄や誤ったスキンケアはむしろ鼻ニキビを悪化させかねません。今回は、鼻にできたニキビの原因から、できてしまった場合の正しいケアをご紹介します。鼻周辺はもともと毛穴が多く、また毛穴が他の部位に比べて深く出来ています。皮脂の分泌も元々活発な所ですので、手で触れたり洗顔が不十分だったりするとすぐに汚れが溜まりニキビの原因になってしまいます。


鼻は顔の中でも一番日に当たりやすく、紫外線の影響を受ける所です。紫外線は肌を乾燥させてバリア機能を低下させてしまったり、皮脂の酸化を促進させます。


これによって皮脂が毛穴に溜まりやすくなり、ニキビが出来やすくなってしまいます。鼻やおでこのいわゆる“Tゾーン”はホルモンの影響で皮脂量が増えやすく成長ホルモンが活発に分泌される10代などに、ニキビの出来やすい場所です。成長期以降にこの場所にニキビが出来た場合は、ホルモンバランスが乱れていると考えて良いでしょう。


 特に女性は生理前などホルモンバランスが乱れやすい時は要注意です。鼻はとても汚れやすい所ですので、鼻ニキビが出来てしまったら、悪化や再発を防ぐ為にも清潔にする事がとても重要です。汚れた手でニキビを触れば悪化するのは勿論ですが手が汚れていると洗顔フォームがなかなか泡立たなかったり塗り薬の効果が薄れたり良い事がありません

 

鼻,ニキビ,原因

 

でも実はきちんとした手洗いは案外難しいのです。中途半端な手洗いは逆効果で、洗う前よりも掌の菌数を増やしてしまいます!ニキビケアをする際はまずしっかりとした手洗いを心がけましょう詳しくはこちらをご覧くださいニキビが出来ると、気になって一日に何回も洗顔してしまったり、洗顔フォームを普通より多量に使いたくなりますが、洗いすぎは逆効果!肌のバリア機能を低下させたり、皮脂の分泌を余計に促進させてしまう恐れがあります

正しい洗顔のポイントは。洗顔は一日に2回。ヘアピンやバンドなどで髪を留め、清潔な吸水性の良いタオルを準備する。30℃位のぬるま湯で洗顔フォームを十分泡立たせて、擦らず包み込むように洗うすすぎ残しが無いように、しっかりとすすぐ。
 
更新履歴